Rosariel.com
Fatal Doll



<17>



 鷲塚の舌先が、勃ち上がった乳首の尖端をかすめるようになぞる。

 ぴちゃぴちゃと、わざと淫らな音を立てながら舐められ、きつく吸い上げられていると、腰の奥が蕩けそうなほどの痺れが絶え間なく響いた。

「──ッ…はあ…ッ……ああっ……!」

 腫れたように疼く乳首を吸われ、舌先で転がされると、たまらず零は息を乱れさせたが、それでも声だけは必死に押し殺した。

 このまま何も考えずに甘美な官能に身をゆだね、本能のまま快感を貪ることができるなら、どれほど楽になれるか──。

 だが、心が揺らぎそうになるたびに、ここは荒神家の邸宅なのだと、理性が冷ややかに囁きかける。

 愉悦と自制の葛藤で崩れることもできず、零は喘ぎを抑えようと唇を噛んだ。

 ところが、そんな快楽と恥辱の狭間で身悶える姿が、雄の征服欲と嗜虐性を刺激するのか、鷲塚の唇に酷薄な笑みが浮かび上がった。

 そして、敏感になっていた突起に、不意に歯を立てる。

「あうぅッ! ……くっ…い、いや……」

 反り返った喉から悲鳴が溢れ出し、すぐに我に返った零が髪を振り乱すと、鷲塚はくつくつと笑いながら、耳の穴に舌先を滑り込ませた。

「──ひぁっ…や、やめて……ここでは……だめ……ッ!」

 その瞬間、ぞくぞくと身震いするほど感じてしまい、零は首を伸び上がらせた。

 逃れようとする零の耳孔を追いながら、鷲塚は吐息を吹きかけて囁きかけた。

「零──屋敷中にお前のいやらしい喘ぎ声を聞かせてやれ。
 お前が俺のオンナだと、バカでも判るように……」

「……ううぅっ……そんなの、いやぁ……やめて、やめて……」

 感じやすい首筋を執拗に舐められると、零はくぐもった呻きを上げ、堕ちてしまいそうな自分を支えようとシーツをつかんだ。

 鷲塚の唇は、首筋から肩、そして腋の窪みへと這い下りてゆく。

 出会ってから幾度となく交わる中で、どこを責めれば零が感じるかを知り尽くしている鷲塚は、その唇と舌だけで容赦なく追い詰めようとしているようだった。

 大きくはだけてしまった浴衣は、儚く腕に絡まっているだけで、もはや身を隠す役目を果たしていない。

 両腕を頭上に封じられた零は、柔らかな腋の皮膚を吸い上げられ、硬く尖らせた舌先でなぞられた刹那、引きつった悲鳴を上げていた。

「もっと声を上げろ」

 だが、鷲塚は冷たく瞳を光らせ、満足できないというように恥辱を強いる。

「……くっ…うぅっ……いや……ゆるして……」

 感じるたびに、息が浅く、荒くなってゆくのは止められない。

 今はまだ、辺りに響くほどの声を上げてはいないが、いつか耐えられなくなる時が来るだろう。

 ところが鷲塚は、優しい許しを与えるかわりに、零の身体をうつ伏せにひっくり返すと、ただの布きれのようにまとわりつく浴衣の裾を乱暴にたくし上げた。

 浴衣が皺になるのも構わず、鷲塚はそのまま、零がどうしようもなく感じてしまう背筋へと唇を落とした。

 腰の窪みをきつく吸い上げられた途端、零の目の前に白い火花が散り、身体の芯に灼熱の渦が巻き起こった。

「──いやあぁッ!」

 激しい快感が弾け、背筋が大きく仰け反る。

 まるで何かのスイッチが入ってしまったかのように、零の全身は燃えるように熱くなり、汗が噴き出した。

 浮き出た肩甲骨を舌先でなぞられ、背中に口づけされるたびに、鮮烈な刺激が背骨を走り抜け、脳髄を焼いてゆく。

 神経が狂ってしまったのか、先ほどまでより快感が増幅され、遙かに敏感になっていた。

 次第に理性が痺れてゆくのを感じながら、零はセピアの瞳を見開き、涙を溢れさせた。

 鷲塚の舌が背筋を舐め上げると身体が震え、そのたびに硬くしこった乳首がシーツに擦れて、びりびりと疼く。

「……ああぁっ……はっ、はあぁっ──ゆるして……お願い……もう、虐めないで……」

 快感を高められた身体は抗う力を失い、零は切れ切れに息を喘がせた。

 絶頂に達するほど強くはないが、繰り返し訪れる快感の波に溺れて、気が遠のきそうになっている。

 その時、鷲塚の舌先が離れ、唾液に濡れた背中がすっと冷えた。

 思わず安堵の溜息をもらし、ぐったりと布団に顔を埋めた零は、両腕が持ち上げられるのを朦朧と感じていた。

 何をされるのか、考える気力はとうに奪われている。

 鷲塚は、浴衣の袖を通したままの両腕をひとまとめにすると、帯を引き抜いて手際よく後ろ手に縛り上げてしまった。

 零が自由を奪われたことに気づいた時には、再び仰向けに転がされ、腰を前に突き出すような形で枕を当てがわれていたのだった。

「──恥ずかしいと思わないのか?
 触ってもいないのに、びしょ濡れになっているぞ」

 零の膝を大きく開かせた鷲塚は、その狭間に視線を向け、嘲笑うように言った。

 その途端、凄まじい羞恥に襲われ、顔を紅潮させた零は、頭を激しく振り乱した。

「──やめて、やめてッ! 言わないでっ!」

 秘部に感じる鷲塚の眼差しに狼狽え、零は悲鳴を迸らせた。

「くうぅ…ッ……あ、ああぁッ!」

 充血してぷっくりと勃ち上がった珠芽が、鷲塚の口に吸い込まれた瞬間、零は我を忘れて声を上げていた。

 官能を存分に高められていた肉体は、鋭い快感に打ち震え、呆気ないほど脆く極みに駆け上がる。

 だが、絶頂の余韻に浸る間もなく、鷲塚は零の未熟なペニスを唇でしごき、舌を絡めた。

「ひああぁ…ッ…はあっ……ああっ……ま、まって……いやあっ!」

 周囲を気にする余裕は失われ、零の嬌声が高く、切羽詰まったものに変わる。

 続けざまに達した零の身体からどっと力が抜け、小刻みの痙攣が走ると、鷲塚は蜜を溢れさせる秘唇を指先で開いた。

 とろとろと蜜をこぼす花芯に惹かれるように唇を重ね、舌を差し入れると、零はすすり泣くように喘ぎながら頭を振った。

「はあぁ……ああっ…だめ……また──ッ」

 卑猥な水音を立てながら花唇を舐められ、内奥を舌で掻き乱されると、快感のあまり腰が淫らに波打ち、恍惚と震える。

 背中でくくられ、体重を支える両腕が痺れ始めていたが、それさえも忘れて、零は忘我の境地に幾度となく放り出されていた。

「ああっ……あううぅ…ゆるして……海琉……はやく……早く、抱いて……」

 浅ましいほど喘ぎ続けた零は、耐えきれない疼きに屈服し、艶めいた声を迸らせた。

 すると、その言葉を待っていたかのように、鷲塚は残酷な微笑みを浮かべる。

 零の腕を戒めていた帯を解いた鷲塚は、あられもなく乱れた大腿を抱え上げ、猛り立った剛直で花唇を一気に貫き通した。

「──くううぅっ…ああっ……あぅっ……」

 ずんと下腹に衝撃が走るたびに、零は喉を仰け反らせ、声を振り絞った。

 鷲塚が身を屈め、唇を塞ぐと、夢中になって舌を絡める。

 繋ぎ止めておかなければ、自らが壊れてしまいそうな焦りの中で、零は支配者の激しい欲望を受け止めていた。

 震える両腕を、男の広い背中に絡めて抱き寄せた時、耳元で鷲塚が囁いた。

「零、忘れるな──俺が望んだのは、お前だけだ」

 掠れた低い声が鼓膜を震わせた瞬間、狂おしいほどの法悦に貫かれた。

「……ああっ……私も……海琉だけ──」

 零の瞳から急に涙が溢れ出し、止められなくなった。

 肉体だけでなく、魂までもが交わり、混ざり合うように溶かされてゆく──。

 鷲塚は緩やかに律動を繰り返しながら、もう一度互いの唇を重ね合わせた。

 一体となる幻想が目眩く快楽を生み出し、刹那の愉悦へと誘う。

 鷲塚の腰に両足を絡みつかせていた零は、我が身を突き上げる抽挿と合わせるように、無意識に腰をくねらせていた。

「あっ…あうう…ッ──おねがい……私を…離さないで……」

 迫り来る快楽の大波に怯え、頭を振りながらうわごとのように呟くと、鷲塚は零の両手に指を絡ませ、応じるように囁いた。

「何も考えずに、俺の傍にいろ。
 お前だけは、俺と共に逝けばいい」

 深く突き上げられた途端、胎内で渦巻いていた快感が大きく弾け、零は断末魔の悲鳴にも似た甲高い嬌声を迸らせていた。

「ひいいぃ…ッ! ひあ……ああぁ…ッ!」

 絶息するような凄絶な快感に、全身が硬直し、ガクガクと痙攣を起こす。

 内部を穿つ剛直をきつく締め付けた瞬間、鷲塚が「くっ」と苦しげに呻き、激しく腰を打ちつけ始めた。

 やがて花芯の内に熱い奔流が迸ると、意識を失いかけていた零は、恍惚の中で続けて達してしまい、そのまま深い闇の中へ飲み込まれてゆく。

 抱き締められ、「愛してる」と囁いた鷲塚の声は、夢か現(うつつ)か──。

 深く愛される幸福を感じながらも、鷲塚が抱える底知れない虚無が肌に染みこむ。

 それは、ひんやりとした小さな哀しみに形を変え、零の胸の奥深くに宿った。