Rosariel.com
Fatal Doll



<29>



 絶え間ない小刻みな揺れを感じて、零は意識を取り戻した。

 朦朧としたまま瞬きを繰り返したが、目の前は暗闇に覆われていて、何も見えない。

 まとまらない思考を急いでかき集めていると、聴覚が周囲の音を捕らえた。

 ──耳元で唸る車のエンジン音、カーラジオから流れてくるDJの声。

 意識がはっきりしてくると、零は、口を塞がれ、手足を縛られて、車のトランクに転がされていることに気づいた。

(……どうしよう……誘拐?)

 謎の男たちによる突然の襲撃を思い出した途端、心の中に再び激しい恐怖と不安が吹き荒れ、零は声を封じられた喉を喘がせた。

 新堂が撃たれたのだ──自分の、すぐ目の前で。

 崖から転落してゆく新堂の姿が脳裡に蘇り、零はその映像を打ち消そうと頭を振り、瞼をぎゅっと閉ざした。

(……いや……嫌だ……新堂さん!)

 あの新堂が死ぬはずはない──恐ろしい結論を突きつけてくるネガティブな思考と、それに反する感情の絶叫に混乱し、零の身体はガタガタと震え始めた。

 その時、車が何かに乗り上げたように大きく揺れ動き、ブレーキ音を響かせて止まった。

 前方でドアが開き、車の外に出た男たちの慌ただしい足音も聞こえてくる。

 すぐ近くにあったドアが開き、隙間から冷たい外気が吹き込んでくると、零は目をつぶったまま息を殺し、全身を強張らせた。

 だが、ビニールシートが無造作に剥がされ、何者かの手が身体に掛かった途端、恐怖の悲鳴が喉を突いて迸った。

「──ウウーッ! ううぅ…ッ……ううっ!」

「……目が覚めたのか」

 懐中電灯で顔を照らされると、瞼を透過した光が零の瞳を焼く。

 全身を縛られたまま、必死で逃れようともがいていた零を見下ろし、不気味なしゃがれ声の持ち主がそう呟いて嘲笑った。

 その後、二人の男の手によって、零は車から運び出された。

(……助けて……助けて…ッ──海琉!)

 どんなに叫んでも、ガムテープで塞がれた口からはくぐもった呻き声しか出ない。

 このままどこに連れ去られ、何をされるのか──新堂のように、ここで自分も殺されてしまうのか……。

 恐怖と絶望に心が侵蝕され、生命の危機を感じた零の双眸から、堰を切ったように涙が溢れ出した。

 男たちは、明かりの灯った建物の中に零を運び込むと、硬いフローリングの床にその身体を下ろした。

 零の周囲でどかどかと足音が響き、しばらくすると少し静かになる。

 だが、すぐ傍に自分を見下ろしている男の気配を感じ、零はどうしても目を開けることができなかった。

 瞼を開き、そちらを見れば、際限のない恐怖に突き落とされる──そんな予感がする。

 それからほどなくして、男たちは同じ部屋の中に、猿轡を噛ませた一人の若い女性を連れ込んできた。

 悲鳴のような呻き声が耳に届くと、不審に思った零は、怖々と薄目を開けてそちらをうかがった。

 床に倒れている零の目には、彼女の足許しか見えない。

 裾がほつれたジーンズに、ボロボロの汚れたスニーカー。

 できるだけ首を捻って仰ぎ見ると、恐怖で打ちのめされたように泣きじゃくり、狂ったように顔を振り立てている、まだ十代くらいの少女が見えた。

 死にもの狂いで抵抗し、引きずられながらも足を踏ん張っている少女の濡れた頬には、亜麻色の髪がべったりと貼りついている。

 少女は日本人ではなく、外国人のように見えた。

 だが、顔立ちは明らかに異なっているものの、髪の色や髪型、そして背格好が零とよく似ている。

 一瞬、鏡に映った自分自身を見ているような気分に陥り、零は目を大きく瞠った。

 少女もまた、床に倒れている零に気づいたのか愕然と目を見開き、呻き声を上げながら大きく身を捩った。

 助けて──と、全身から迸る彼女の悲鳴が聞こえるようだった。

「……確かによく似ている」

 と、その時、零の傍に立っていたしゃがれ声の男が、泣き叫ぶ少女をじっと見つめ、含み笑いをしながら呟いた。

 男は喉を震わせるような気味の悪い笑い声を立てると、突然、うつ伏せに倒れていた零の身体を仰向けにひっくり返した。

 恐怖に見開かれたセピアの瞳が男の姿をとらえた途端、零の心臓は恐怖に凍りついた。

 黒いニット帽とマスクで顔を隠した男の双眸は、狂気に血走り、ギラギラと光っている。

 男は零の額に銃口を向け、目を細める笑みを浮かべた。

「抵抗すれば撃つ。じっとしていろ」

 しゃがれ声で念を押すと、男は拳銃をウエストに挟み、同じ覆面姿の仲間からナイフを受け取った。

「急げ。そっちの女も脱がせろ」

 ナイフを差し出した仲間に短く命令し、しゃがれ声の男は、零を拘束するガムテープを一枚ずつ切り剥がしていった。

 その間も、男は恐怖に青ざめた零の顔をじっと見つめ、わざと怖がらせるように目の前でナイフを閃かせる。

 最後のガムテープを切った時、興奮で昂ぶっていたのか、男の息づかいは空気を震わせるほど荒くなっていた。

「──服を脱げ」

 零の胸ぐらをつかんで引きずり上げ、覆面の男がそう命令した。

 唐突な言葉に零は息を止め、呆然と男を見返した。

 恐怖で思考は麻痺してしまい、頭の中が真っ白になっている。

 男の腕に吊り下げられ、辛うじて足は床の上に立っているが、今手を離されたなら、糸の切れた操り人形のように崩れ落ちてしまうだろう。

 ところが、突っ立っている零に痺れを切らしたのか、男は零の衣服に手をかけ、強引に脱がせようとした。

「……う、くうううっ───ううっ!」

 我に返った零は、「止めて」と懇願するように呻き、頭を振りながら、一歩後退ろうとした。

 その途端、男が手を離してしまい、零はフローリングの床に頽れてしまう。

「早く脱げ」

 残酷な言葉が即座に飛ぶと、零は涙ぐみながら、震えが止まらない身体を辛うじて守っている衣服に手をかけた。

 視界の隅に、激しく嗚咽しながら服を脱いでいる少女の姿が映る。

 彼女もまた、どこからか拉致され、この場所に連れてこられたのかもしれない。

 絶望と恐怖に支配されていた零の脳裡に、その時「何のために?」という疑問がちらりと横切った。

 だが、下着姿になった途端、零は激しい躊躇と羞恥に駆られた。

 全裸になれば、己の秘密が暴かれる──そんな事を躊躇っている時ではないはずだったが、裸体を人目にさらすことには、心理的な凄まじい葛藤があった。

 身体を隠すようにして零が床にしゃがみ込んでしまうと、好奇の眼差しで食い入るように見つめていた男は、床に脱ぎ落とされた服を拾い上げた。

 その服を、やはり下着姿になった少女に向かって放り投げ、男は「これを着ろ」と日本語で命じる。

 言葉は通じなくとも、言われていることは理解したのだろう。

 少女は床に落ちた零の服に飛びつくと、慌てた様子でそれを身につけ始めた。

 長身だが、華奢な体つきの少女の身体に、零の服は誂えたようにぴったりだった。

 双眸を眇めて少女の姿を見つめていた覆面の男は、仲間に「椅子に縛り付けろ」と命じ、自分は手錠を二つ取り出した。

 それを合図に、ドアを見張っていた男が、巨大なスーツケースと毛布を運んで来る。

 覆面の男は、抗う力を失っている零の両腕を、もう一度背中にねじり上げると、その手首に手錠をかけた。

 さらに肩を押して腹這いにさせ、零の背中に馬乗りになると、露わになっている足首にも手錠をはめる。

 手首に食い込んだ手錠の感覚に怯え、とっさに肩越しに振り返ろうとした零の目に、大きな革張りの椅子に縛りつけられた少女の姿が飛び込んできた。

 恐怖に引き攣り、血の気を失って蒼白になった少女の口からは、途絶えることのない絶叫が迸っている。

 助けを求めるように、零を見つめた少女の瞳に、落胆と絶望が浮かび上がった。

 彼女が感じている恐怖が伝染し、零もまた悲鳴を上げそうになる。

 ところがその時、零の背中に跨っていた男が、ぐっと耳の傍に顔を近づけ、しゃがれた声で囁きかけてきた。

「……もうすぐだ……もうすぐ復讐が叶う……」

 残忍な喜悦が宿るその声と、生臭い吐息を耳に吹きかけられた瞬間、零の全身にざっと鳥肌が立ち、本能的な嫌悪と恐怖が電流のように駆けめぐった。

 大きな呻き声を上げた零の目の前に、「大人しくしろ」と脅すようにナイフが翳される。

 覆面の男は、中腰の体勢で零の身体を跨ぐと、革のグローブに包まれた手で、剥き出しになった白い背中を撫でた。

「これはもらっておく」

 そして手錠で拘束された零の手首をつかみ、左手の薬指から指輪を抜き取ろうとした。

 鷲塚から贈られた、何よりも大切な指輪──たとえ死んでも、手放したくはない。

 とっさに抗うように零は拳を握りしめ、不自由な頭を振りたくった。

 だが、覆面の男は零の拳を力ずくで開かせると、指輪を無慈悲に抜き去ってしまう。

 その瞬間、黒々とした恐怖に染め上げられていた零の心に、深い悲しみと悔しさが溶け込んだ。

 自分から何もかも奪って、この襲撃者たちは何をしようとしているのか。

 嗚咽が喉をついてこぼれ、零は涙を溢れさせながら、苦しみを怺えようと唇を噛んだ。

(……海琉……海琉──お願い……早く、助けて……)

 鷲塚の顔を思い出しながら、零は助けが必ず訪れると、必死で自分に言い聞かせた。

 そう信じていなければ、このまま心が壊れていってしまう。

 一方、覆面の男は、零の裸体に用意された毛布を巻き付けると、引っ越し業者が荷物を梱包するように、ガムテープで厳重に縛り上げた。

「ファントム──こっちも準備完了だ」

 零の服を着せた少女を、逃げ出せないように椅子に縛りつけていた仲間の一人が、覆面の男にそう声をかけた。