Rosariel.com
Fatal Doll



<78>



 鷲塚響子の死は、数年前から予定されており、密葬の手配も滞りなく進む。

 最期の瞬間に立ち合うことになろうとは思いもしなかったが、中途半端になっていたものがようやく終わったと、安堵にも似た感情がふと胸の裡に浮かぶ。

 鷲塚海琉にとって、人の死は、物体が修復不可能なまでに破壊されることと常に同義だった。

 記憶にある頃から、何かに執着したことはなく、さしたる感傷を抱くこともない。

 それゆえに、血の繋がった母親である彼女が死んだ時も、その事実を認識しただけだったが、零は泣き崩れ、慟哭する。

 彼女の面倒を見ていた芭月も泣いてはいたが、一瞬にしてターゲットが変わったのか、あたかも親鳥のような甲斐甲斐しさですすり泣く零の傍に寄り添っている。

 躰を冷やすといけないからと、着物の上に羽織るショールを零の肩にかけ、慰めの言葉をかけている芭月を見ていると、いったい誰の母親が死んだのだろうと不思議に思えてくるほどだった。

 二人が意気投合したのは良いが、今後、ことある事に芭月が口出ししてくることを考えると、いささか面倒な事になったともいえる。

 失敗しただろうか──そんな思いが、ちらりと鷲塚の脳裏を横切った。

「若頭──少し、席を外してもらっていいですか?」

 その時、待機していた高宮が現れ、人気のない場所へと促すように目線だけを動かして見せる。

 零と芭月の傍に護衛を数名残し、高宮と共に屋上テラスへと向かおうとした途端、零が心細そうな、物言いたげな眼差しを送ってきた。

 本人は気づいていないが、心の均衡が崩れてしまっているのは零自身。

 必死になって以前と同じ自分自身を取り戻そうと藻掻きながら、全霊で助けを求めているようにも見える。

 何か確かなものを見つけ出し、すがりつきたいと──。

 だからこそ、今さら何だと思いつつ、鷲塚は響子の手を取った。

 拒絶すれば、他の誰よりも、そして死に逝く響子自身よりも零は深く傷つき、立ち直るきっかけを失ってしまうかもしれない。

 崖っぷちに立っている零を救うためには、茶番に見えようと、そうするしかなかったが……。

「響子さんが亡くなって、少しくらいは悲しいと思っているんですか?」

 閑散としたテラスに出ると、家庭事情をよく知る高宮が無遠慮に問いかけてくる。

 子供の頃から荒神本家の内部を見てきているだけに、零が想像しているほど鷲塚が繊細なトラウマを抱え込んでいるとは、端から思っていない。

「彼女との事は、とっくに決着済みだ。
 彼女のための復讐がバカらしいものだと気づいた時、ケリはついていた」

 鷲塚響子を陵辱し、望まぬ子供を孕ませた男を探し出した鷲塚は、かつてその男に銃口を向けた。

 だが、唐突に悟ったのだ。

 男を殺してしまえば、結果的に自らの存在を否定し、呪詛を放った響子の望み通りになるだろうと。


 ──お前は悪魔の子。生まれてこなければ良かったのに……!


 悪魔の子だろうが、鬼子だろうが、生まれ落ちた子供の命を否定する権利は、響子にも誰にも無い。

 それでも拒絶するというなら、自分の方から「母親」という存在そのものを否定すればいい──そう思っていた。

「そんなところだろうと思っていましたよ。
 おふくろさんを亡くして若頭が泣く姿を、見たいと思う者は誰もいないでしょう。
 期待通りで、むしろホっとします」

 普段は常に無表情な高宮の口許に、皮肉げな笑みが浮かぶ。

「高宮──心配して、わざわざ慰めに来ただけなのか?」

 冷淡に揶揄を返すと、高宮は苦笑したままわずかに肩をすくめ、すぐにいつも通りの鉄面皮に戻った。

「鶴宗会の岩重から連絡がありました。
 田中翔太は、今も御山邸に監禁されているそうです。
 御山は病死として偽装され、明後日、葬儀に出されるとか。
 北聖会の執行部は、組織的な抗争とは関係の無い、個人的な怨恨ということで内々に処理するつもりのようです」

 田中翔太は、北聖会の組織運営を行う執行部に尋問され、証言をしたらしい。

 御山を銃殺した男とは何の面識もなく、ただ父親が用意してくれた三下の一人だと思っていた。

 あまりに突然の事で、狙撃を止めることができず、父親を助けられなかった。

 かっとなって男と揉み合いになり、奪い取った拳銃の引き金を思わず引いて、犯人を殺してしまったのだと。

 父親を殺された哀れな息子の役柄を、北聖会の最高幹部たちを相手に、翔太は上手く演じ続けられるのだろうか?

 鷲塚の口許に、冷笑が浮かび上がった。 

「それで、執行部が下した処分は?」

「一応、破門になるようです。
 しかし、そもそも彼は御山と血縁関係はあるものの、正式に北聖会に籍を入れたわけではない。
 どの程度の効力があるか判りませんが、執行部としても扱いに困っていたようなので、さっさと厄介払いしたかっただけでしょう。
 御山の葬儀が片付き、問題が生じなければ、北聖会からは放逐されることになる」

 とはいえ、破門という形にしておけば、いずれほとぼりが冷めた頃に翔太を組織に呼び戻すことも可能だった。

 北聖会の内部で有力者の引き立てがあれば、極道として生き、父親と同じように首領に上りつめる可能性もゼロではない。

 あるいは、二度と組織には戻らず、どこかに身を潜めて生きてゆくだろうか?

 そうなれば、弁護士の功刀と恋仲になることもできるだろうが──。

 そんな鷲塚の思考を先読みしたかのように、高宮が言葉を続けた。

「それと、功刀弁護士が、田中翔太の後見人になりたがっていると、東山からの報告が。
 あのガキがやらかした事を全て知った上で、それでも守りたがっていると」

『恋は盲目と言いますが、堅物の功刀先輩が信念を曲げるとは思いませんでしたよ。
 それはそれで面白いので、私としては今後も二人を温かく見守ってやりたいのですが』

 言外に功刀の命乞いをしている東山の言葉をそのまま伝え、高宮は「どうします?」と問うてくる。

 飛び降り防止用のフェンスに歩み寄った鷲塚は、山から海へと切り込むように落ちる風景に目を向けた。

「母親の治療費を支払うために、父親の言いなりになっていたと言っていたな。
 なら、自分の躰で金を稼ぐ方法を、あのガキに教えてやろうか」

 捕らえた時に聞き出した翔太の弁明を思い出し、鷲塚の唇が冷酷なカーブを描く。

 北聖会が翔太を破門するというのなら、むしろこちらにとっては都合が良い。

 翔太が世間から姿を消したところで、心配するのは功刀一人ということになる。

「翔太には、零の身代金として要求してきた3億分は稼いでもらいたいところだ。
 最低でも1億は上げてもらう。
 本家から追放された後、翔太と母親共々、こちらに引き渡すよう岩重に伝えておけ。
 死んだ上橋の復讐は、ガキを生かしたままさせてやるとな」

 御山に殺害された、鶴宗会の若頭上橋。

 岩重という男は、上橋の右腕として仕えていた男であり、御山やその子である翔太に誰よりも恨みを抱いていた。

 だが、感情を押し隠し、翔太を廃倉庫から本家へ送り届ける運転手役に志願する。

 御山殺しを手伝い、犯人役に仕立てられた男を計画に引きこんだのも岩重だった。

 そして今、翔太の母である田中弥生は、岩重の家に監禁されているらしい。

「東山にも伝えておけ。
 そのうち、面白いショーをやるから、功刀を連れて《コロッセウム》に来いと」

 零が味わった恐怖や絶望を、翔太はその身で償わなければならない。

 そして、《コロッセウム》の地下で陵辱される姿を見た功刀は、惨めな男娼となった翔太を愛し抜けるのだろうか?

 翔太にとっては、死を与える以上に残酷な罰となるかもしれない。

 それはそれで、二人の行く末がどうなるのか興味深くもあるが──。

「翔太のために、腕の良い調教師を探してやろうか。
 大事な母親のためにも、せいぜい稼いでもらおう」

 功刀と交わした約束──翔太を殺さず、生かしておく──それを破らずにすむことにも、奇妙な満足感を覚える。

 どういう風に生かしておくかまで、あの時、功刀は言及しなかった。

 それゆえに、《コロッセウム》の地下に堕とされた翔太がどんな扱いを受けようと、後から文句は言えない。

 翔太の命がかかっている限り、功刀は余計な事は喋らないだろう。

 たとえ翔太が途中で潰れることになろうと、内臓を売りさばけば、多少の利益は得られるだろうし、功刀の始末は、その時点でまた考えればいい。

 あるいは、地獄の底から翔太が這い上がり、いつの日か鷲塚と再び敵対することになったとしても、改めて叩き潰せば良い。

 むしろ、簡単に潰れてしまっては面白くない。

 鷲塚が残忍な微笑を口の端に浮かべると、まるで思考の流れを観察していたような口ぶりで、高宮がぼそりと呟いた。

「零さんのロマンチックな夢を壊したくはないが……。
 結局のところ、若頭は骨の髄まで極道なんだと安心しましたよ」

「この世界以外のどこに、俺の居場所がある?
 そんな事より、予定が大幅に狂った。
 近親者のみの密葬だ。大げさに騒ぐなと全組織に通達しておけ。
 花輪なんぞ送られてきても、迷惑なだけだからな。
 渡航予定は10日ほど延期だ。
 偽造しなくとも、その間にパスポートは取得できるだろう」

 矢継ぎ早に指示を出し、鷲塚が視線を巡らせた時、院内とテラスを繋ぐ自動ドアが開き、零がボディーガードに付き添われながら現れた。

「──では、パスポートの申請書は新堂に持たせます。
 必要書類は、準備してもらってください」

 零に気づいた高宮は、事務的にそう言い残し、足早に立ち去ってゆく。

 零と擦れ違い様、軽く会釈をした高宮は、ボディーガードの男に軽く指を振って見せ、その場から消えるようにと暗に命令をした。

「パスポートって……海琉、また、どこかに行っちゃうの?」

 芭月のショールを肩に巻き付けたまま、零は鷲塚の正面に歩み寄り、不安そうな面持ちで見上げてくる。

 一人置いて行かれる事を恐れているような表情を見下ろし、鷲塚はふっと薄い笑みを浮かべていた。

「俺のじゃない──お前のパスポートだ。
 今回はお前も連れて行くから安心しろ」

「……私の? もしかして、外国?」

 当惑して首を傾げた零の瞼は、泣き腫らしたために目の際が薄紅色に染まっている。

「もしかしなくても、パスポートと言ったら外国だろうな」

 からかうように言うと、零のセピア色の双瞳が驚きに大きく見開かれた。

「──凄いね。外国なんて初めて。
 だけど、どこへ? 海琉は日本にいなくても、大丈夫?」

「しばらくは療養だ。余計な雑音は入らない方が良い。
 どこに行くのか、お前に言ったところで、判らないだろう……ただの無人島だからな。
 遊びに行く場所でもない」

 訝しげな零を抱き寄せた鷲塚は、わずかな違和感を感じて眉根を寄せると、芭月のショールを引き剥いで放り出した。

 世話好きの芭月が今にも出しゃばってくるような気がして、落ち着かない。

「……ダメだよ、汚れちゃうから──」

 慌てたように落ちたショールを目線で追い、躰をよじって手を伸ばそうとする零を抱きすくめた鷲塚は、そのまま体を返して零の背をフェンスに押しつけた。

「寒いのか?」

「そういうわけじゃないけど……」

 言葉にならない衝動に駆り立てられるように唇を奪うと、突然のキスに驚いた零はわずかに身を固くする。

「キスは……もう平気なのか?」

 すぐに緊張を解いた零が、ぎこちなさも無く、優しく応え始めると、鷲塚はその耳元で囁きかけた。

 小さく頷いた零は、両手を伸ばして鷲塚の頬を挟み込むと、互いの視線を合わせるようにして名前を呼びかけてきた。

「海琉──悲しかったらね……泣いてもいいんだよ」

 そう告げる零のセピアの瞳に、また大粒の涙が盛り上がり、頬の上を滑り落ちてゆく。