Rosariel.com
Fatal Doll



<9>




 ぱちぱちと瞬きを繰り返した零は、そのまま踵を返そうとした鷲塚を呼び止めた。

「……お父さんが入院してる病院に、今から行くの?」

「ここからだと距離があるからな。
 腹が減ったら、途中で何か食わせてやる。
 あまり遅くなると、荒神の姐がうるさい」

 鷲塚が「厄介なことだ」と呟くと、不安を感じた零は思わず眉をひそめた。

「……荒神の姐って、誰の事?」

「親父の女房──薫の母親だ」

 詳しく説明することさえ面倒なのか、鷲塚が素っ気なく答えると、それを聞いた零は愕然と両目を見開いた。

「──ええっ!? お母さんもいるの? ど、どうしよう……」

 いたってラフな部屋着を着ていた零は、そんな自分の格好を見下ろして、心底うろたえてしまった。

 今まで一度も会ったことはないが、荒神会総長の妻ということは、いわゆる『極道の妻』で、さらには鷲塚の母親代わりということで……。

 突然の事にパニックになり、ソファから立ち上がろうとした零は、足をもつれさせて再び転びそうになっていた。

「落ち着け。お前の事は向こうも知ってる。
 カタギのお前を、どうこうしようとは思っていないはずだ」

 すぐに手を伸ばして支えた鷲塚が呆れたように言うと、その腕にすがりついたまま、零はおろおろと聞き返した。

「──そ、そうじゃなくて、何着ていけばいい?
 それから、お見舞い、どうしよう?
 こ、こういうのは、もうちょっと早く言ってくれなきゃ、困るんだけど」

 相手は鷲塚を育てた人なのだから、初顔合わせとなると緊張してしまう。

 前々から予定されていたなら、服装やお土産も入念に用意できたはずだが、あまりにも突然だったため、心の準備すらできていない。

 ところが、鷲塚は「何だ、そんな事か」と言うように片眉をつり上げ、困惑している零を見下ろした。

「他の奴らは入れるなと言ってあるから、服装は気にしなくてもいい。
 見舞金も十分に渡してあるんだ。
 お前が困ることなど何も無いぞ」

「えーと……そういうことじゃなくてね」

 会話の肝心なところが微妙に噛み合っていないような気がして、心底困り果てた零は、思わず引きつった笑みを浮かべていた。




「──や、やっぱり、着物にした方が良かったのかな?
 せめてスカートにするとか……。
 お母さんに、変に思われたらどうしよう」

 鷲塚が運転する車の中で、サイドシートに座っていた零は、おろおろしながら何度目かになる問いを発していた。

 濃いサングラスをかけてステアリングを握っていた鷲塚は、そんな零を横目で一瞥し、うんざりしたように叱りつけた。

「いい加減にしろ。さっきから何回同じことを言わせるつもりだ? 少しは落ち着け」

 途端にしゅんとなった零は、ぐったりとシートに寄りかかり、ため息混じりに呟いた。

「だって、真那は笑ってるだけだし、薫さんは海琉と一緒で『何でもいい』だし……」

 あまりの急展開にびっくりしたためか、零は疲れていることも忘れてクローゼットに飛び込み、こういう時に頼りになりそうな親友にすぐさま電話をかけていた。

『……え? 鷲塚さんのお父さんのお見舞いに行って、お母さんにも会う?
 リアルに極道の妻ってやつ?
 そりゃあ大変だね〜、零ちゃん』

 事の重大性を知ってか知らずか、真那はけらけらと面白そうに笑い始めた。

「──そうなんだけどさ。どんな格好で行けばいいと思う?」

『極妻だったら、やっぱ着物でしょ』

「真剣に考えてよ、時間が無いんだから」

 クローゼットのハンガーをがちゃがちゃと移動させながら、零が切羽詰まった口調で泣きつくと、真那は束の間考え込んだ末、的確なアドバイスをしてくれた。

『そのお父さんとお母さんって、薫先生のご両親なんでしょ?
 あたしより、薫先生に聞いてみる方が、いろいろ判るんじゃない?
 薫先生なら、入院中のお見舞いとかにも詳しいだろうし』

 それもそうかと思い、真那に感謝しつつ、急いで薫に電話をかけ直したのだが──。

 幸い仕事前であったため、薫は電話に出てくれたが、あまり頼りにはならなかった。

『……お父さんのお見舞い? 何を着ていけばいいかって?
 零ちゃんなら、何でもいいわよ。
 来てくれるっていうだけで、お父さん、喜ぶだろうし。
 海琉がずっとストップかけてたから、退屈してるのよね〜。
 暇つぶしみたいなもんだから、あんまり気を遣わなくていいわよ』

「でも、お母様もいらっしゃるって……」

 半泣きになりそうな零の声を聞き、薫もまた可笑しそうに笑った。

『ああ、お母さんの場合は、完全に零ちゃんの品定めよ。
 あたしやお父さんから話を聞いて、ずっと興味津々だったんだけど、海琉が会わせてくれないから、怒っちゃってさ』

「薫さん──助けてください……どうすればいいんですか?」

 クローゼットの中でしゃがみ込んだ零に、電話の向こうの薫はあっけらかんと笑った。

『大丈夫よ、取って喰われるわけじゃないし』

 これも血筋なのか、鷲塚と同じような事を薫は言った。

 これほどの緊急事態で追い詰められているというのに、どうして誰も理解してくれないのだろうと思い、零はがっくりと落ち込んだ。

 そのあげく、先に身支度を調えた鷲塚がしびれを切らし、「着替えるならさっさとしろ!」と怒り出す。

 親身になって考えてくれそうな新堂は、昨日ああいう事があったばかりであり、さすがに鷲塚の前で電話をかけるのは躊躇われたため、諦めるしかなかった。

 結局、就職活動に使おうと思っていた薄いベージュのパンツスーツに、白いシャツという超無難な格好で出てきたわけだが──。

 これで良かったという自信がいまいち持てず、車に乗って出発してからも、零はうだうだと悩みこんでしまうのだった。

 その後、鷲塚が運転するシルバーのメルセデスベンツは、喫茶店『カッツェ』の前に堂々と横付けされた。

「……ここって、路駐禁止なんだけど」

 急かされるようにして車を降りた零は控えめに抗議をしたが、鷲塚はそれに取り合う様子もなく周囲を見回した。

 日本人男性の平均身長よりも遙かに背が高い鷲塚が、仕立ての良いダークスーツをまとい、サングラスをかけていると、何故かそれだけで目立ってしまっていた。

 行き交う人々は遠慮がちに視線を向けるが、鷲塚の穏やかならぬ気配を察したように、すぐに目を伏せてしまう。

 スーツ姿のサラリーマンが多いオフィス街であるにもかかわらず、そこだけ異様な雰囲気が漂っているようにも感じられ、零は慌てて店内に入った。

「──いらっしゃいませ。あれ……零さん!?」

 テーブルを片付けていたアルバイトの翔太が、昨日に引き続き現れた零を見て、驚きの声を上げた。

 翔太はすぐに手を止めて零に近づいてきたが、後から入ってきた鷲塚を見た途端、ぎょっとしたように立ち竦んだ。

 サングラス越しに睨まれると、微かに青ざめながら、どうすればいいのかという風に零の顔を見返してくる。

「……えっと……気にしなくていいから。
 今日はね、お見舞いに持っていくお土産を買いに来たんだ。
 マスター、中にいる?」

 零が小声で囁くと、翔太は綺麗な顔を引きつらせてうなずき、様子をうかがうようにちらりちらりと鷲塚に視線を向けた。

「じゃあ、俺、呼んできますね。
 あ、あの……昨日はすみませんでした……零さん、足、大丈夫ですか?」

 気に病んでいたのか、翔太の表情が暗くなった。

「大丈夫、大丈夫──すっかり治っちゃったよ。
 そんな事より、ちょっと急いでるから、マスター呼んでくれるかな」

 翔太がこのまま留まっていると、後ろの鷲塚が何かを言い出しかねないと恐れ、零は慌てて促した。

 翔太は軽く頭を下げて、厨房に引っ込んでいる丹波を呼びに行く。

 そわそわしながら丹波が現れるのを待っていた零の背後で、鷲塚が忌々しげにふんと鼻を鳴らした。

「──あいつか」

 その声聞いた途端背筋に震えが走り、零はぎくしゃくした笑顔を浮かべていた。

「ま、まあ……誰でもいいよ。もう、治ったし」

 零が「カッツェ」の寄りたいと言い出した時、鷲塚が珍しく反対しなかったのは、翔太の顔を見定めるつもりだったからなのだろうか?

 そんな事を思い、零がほっとため息をつくと、濡れた手をタオルで拭きながら、丹波がいそいそと厨房から出てきた。

「零ちゃん、いらっしゃい……おや、今日はおそろいで」

 場違いなほど威圧感を放つ鷲塚を見ても、丹波はにこにこしたまま顔色を変えず、穏やかに訊ねた。

「──お見舞い? 何を持っていくの?」

「焼き菓子か、クッキーがいいのかなあ。
 突然決まったから、何も考えてなかったんですよね」

 丹波の笑顔にほっとしながら、零は身を屈めてショーケースの中をのぞいた。

「……ケーキも美味しそうだけど……どうしよう」

「入院してる人なら、食事制限ある場合があるから、気をつけた方がいいよ。
 お花の方がいいんじゃないの?」

 丹波の助言に首を傾げた零は、厳しい表情で外に視線を向けている鷲塚を振り返った。

 眼差しをちらりと零に戻した鷲塚は、「これ以上花はいらん」と答える。

「病室中花だらけで、嫌がらせとしか思えん」

 それを聞いた零はさらに悩んでしまったが、丹波は面白そうに声を立てて笑った。

「入院のお見舞いって、難しいよねえ。
 じゃあ、さっき美味しいコーヒー豆が入ったから、そっちの方がいいんじゃない?
 それだったら、退院してからでも飲めるでしょ」

「お父さんとお母さん、コーヒー、好きかな?」

 鷲塚が黙ったままうなずくと、それを見て安心し、零はやっと明るい表情になった。