秘する花を知る事。

秘すれば花なり、秘せずば花なるべからずとなり。

この分目を知る事、肝要の花なり。


─ 風姿花伝 <別紙口伝> より ─