Rosariel.com
TearyDoll


23



 鷲塚の言葉を呆然と聞いていた零は、その意図をはっきりと悟った瞬間、反射的に逃れようとしてベッドの上を後退っていた。

「零、逃げるな──拒否するなと言っただろう?」

 しかし腕を捕まれ、鋼の瞳で見つめられた瞬間、零の中から抵抗しようとする気力が失せた。

 冷徹な輝きを帯びる無機質な双眸の奥に、まるで溶岩のように渦巻く激情が見える。

 その瞳の引力に引き寄せられ、操られるように、零はのろのろと身体を移動させた。

 衣服を着たままの鷲塚の体躯を両足で挟み込むようにして跨ると、凄まじい羞恥を呼び起こす体位に身体が震えた。

 決して人に知られてはならなかった異形の姿が、全て、鷲塚の目にさらされる。

 身体中に狂おしいほどの戦慄が走り、息を喘がせた零は、その羞恥に耐えるようにきつく双眸を閉ざしていた。

 緊張に身体を強ばらせ、動けないでいる零の様子を見つめていた鷲塚は、ふっと小さく吐息をもらすと、眼前にある魅惑に指先を伸ばした。

 とろとろと透明な花蜜を滴らせた花弁の狭間をなぞり上げ、悦楽の予感に震えている可憐な花茎を摘み上げる。

 男のものにしては未成熟な、まるで生まれたての赤ん坊のように繊細な尖端を、鷲塚はあやすようにゆっくりと扱き、内部に隠されていた柘榴色の宝珠を露わにした。

 敏感な花芽を唇に含まれ、きつく吸い上げられた瞬間、突き抜けるような快感が弾け、零は悲鳴のような声を上げていた。

「あ、ああっ……アアッ!」

 両腕を突っ張り、美しい背中を仰け反らせた零を難無く押さえ込みながら、鷲塚は零の急所を何度も吸い上げ、舌を絡めた。

 悦楽の泉からとろりと新たな蜜がこぼれ、鷲塚の口に捕らえられた花茎が硬く凝る。

「あうぅっ……も…やめて……海琉……あっ…いやっ…変になっちゃう──」

「零、ここを舐められるのは気持ちいいだろう?」

 ざらりと尖端を舐め上げると、零が腰を振り乱す。

 くくっと笑った鷲塚を、熱に潤んだ恨めしげな眼差しで振り返った零は、目の前に聳える雄大な屹立を、ためらいながらもおずおずと口に含んだ。

 その瞬間、鷲塚が息をつめ、逞しい筋肉の隆起が硬く緊張する。

 鷲塚の感じる快感が、零の口に包まれた楔にも伝わり、びくりと大きく蠢いた。

 驚いて思わず唇を離した零は、ふっと身体がざわめくような感覚に惑わされ、濡れてさらに猛々しく見える鷲塚の欲望にもう一度口づけた。

 口の内部を擦るその感触は、思ったよりも遙かに艶めかしく、甘美なものであり、伝わってくる熱と脈動に愛しささえ覚えた。

 男の命が零の愛撫に反応を見せる。

 その一つ一つに歓びを感じ、零は舌先でその形をそっとなぞった。

 鷲塚の身体から立ち上る官能的な香りに、零の身体もまた激しく疼きはじめ、快楽のうねりに溺れてしまいそうだった。

 夢中になって舌をからめていると、口に余るほどの猛りに歯を立ててしまう。

 その痛みにわずかに顔をしかめた鷲塚は、零の繊細な花茎を口に含んだまま、お返しとばかりに軽く噛みついた。

「アッ…!」

 痛みに反応して仰け反った零は、しかしそのまま尖端を擦られるように舐られると、忘れていた快感から逃げようとするように腰を引いた。

 ねっとりと絡められる舌に囚われた部分から、凄まじい快美感が背筋を駆け上がり、その刺激は脳までも犯そうとする。

 鷲塚は熱く潤った零の花芯に指先を沈め、その花蜜を掻き出すように指をくじらせると、その指先をひっそりとあえかに息づく秘蕾に押し当てた。

 潤いを借りて後花を貫くと、鷲塚を含んでいた零の唇からくぐもった呻きが漏れた。

「ふっ…ううっ…ん……はあっ──ああっ……だめっ……指…抜いて──ッ」

 花茎を吸われながら後花をまさぐられ、堪えがたい快感に身を捩らせた零は、艶やかななまめいた嬌声を上げた。

 快感に追い上げられ、唇から鷲塚を取り落とした零は、惑乱したように髪を振り乱しながら、切なげなすすり泣きをもらした。

 何か別の生き物のようにうねる指が、零の秘蕾を執拗に弄び、淫らに色づいた蠱惑的な陰花を開花させる。

 尖った長い舌が差し込まれ、内壁の繊細な媚肉をめくりあげるように内側から舐め上げられると、零は白くしなやかな身体を波うたせた。

「あっ…んっ……海琉っ──もう…やめてっ……あうっ…あ……ああーっ!」

 恍惚の極みに達し、身を振り絞るようにして背を仰け反らせた零は、そのまま腕を引かれてベッドに組み敷かれてしまった。

 絶頂の余韻に呆然としている零をうつ伏せにし、鷲塚は獣のように腰を高く掲げさせると、綻んで花開いた後花に己の切っ先を押し当てた。

「零、帰ってきたら、明日の朝までゆっくりと付き合ってもらうぞ。
 散々、おまえには待たされたんだからな。
 ──俺を満足させるまで、寝かせてやらないから覚悟しておけ」

 荒々しく息を吐きながら、獰猛な声を発した鷲塚は、そのまま零の秘蕾に己自身を一気に埋め込んだ。 

 その重い衝撃に声を上げた零は、しかし己の中で動き出した楔の感触に、得も言われぬ快美な愉悦を感じていた。

 苦痛と快感がいり混ざり、鷲塚が律動を速めると、嵐に巻き込まれたように揺さぶられる。

「ああっ…ひう…ッ──壊れるッ……海琉っ…壊れちゃう…ッ!」

 前方に回された大きな手が、充血して凝った花茎と熱く濡れた花唇を同時に擦り上げてくる。

 貪りつくすような激しい情交を強いられながらも、快楽に酔いしれた零の身体は、鷲塚の欲望を受け止めて柔らかく包み込んだ。

「腰を振って、自分でいいところを探して擦りつけろ。
 もっと淫らになれば、おまえはさらに美しくなる。
 零──俺のために、最高のオンナになれ」

 耳元で淫猥に囁かれ、首筋に熱い唇が下りてくる。

 全身が痺れるような興奮に、零は身悶えるように腰をうねらせた。

「あうぅっ…ひ…ッ…あ…ああっ──い…いいっ!」

 ひときわ奥深くに灼熱の楔が突き立てられ、力強く腰が打ちつけられた瞬間、快感の喘ぎが噎び泣くような悲鳴に変わった。

 意識を飛ばすほどの陶酔にひときわ大きな痙攣を放った零は、叩きつけられるように迸った熱い欲情の奔流を身体の芯に感じていた。

 身体中に鷲塚の命が注ぎ込まれ──溢れる……。

 シーツの上に頽れた後も、零の身体はビクン、ビクンと小刻みに痙攣し、内側に残っている男を放すまいとでもするように締めつけた。

 鷲塚の凶暴なまでに激しい欲望に翻弄され、放心してぐったりと横たわっていた零は、己を穿っていた楔がずるりと引き抜かれる感触に安堵しながらも、一抹の寂しさを感じた。

 全身に力が入らず、重い疲労感に引きずられるように睡魔が襲ってくる。

「零──立てるか?」

 先ほどまでの絶対的な支配者の声ではなく、優しくいたわるような声音の中に少し心配しているような響きが入り込んでいる。

 応じるようにゆっくりと大きく息を吐いた零は、慰めるように落ちてきたキスを頬と唇に感じると、ひどく重い瞼を上げていた。

「──立てない……と思うよ……」

 ひっきりなしに声を上げ続けたせいか、零の喉は微かに痛み、声もかすれてしまっている。

 微かに嘆息を漏らした鷲塚は、そのまま零の裸体をすくい上げると、広々とした大理石張りのバスルームへと向かった。