Rosariel.com
TearyDoll


38



 浅く、粗い呼吸に合わせて上下する胸は、女のように豊かな膨らみはなかったが、どんな愛撫にも驚くほど敏感に反応する。

 快感に堅くしこった綺麗な淡い果実を指の間に挟み、鷲塚は強弱をつけながら締めつけたり、小さく左右に震わせた。

「あ、ああっ、あっ……いや……」

 声を抑えながらも、もはや悦楽に濡れた喘ぎを止めることができず、零は首を仰け反らせて振り立てた。

 弄ばれるその場所から、身体の芯の方まで妖しく、甘美な疼きが広がっていく。

 だがその感覚は徐々に耐え難くなり、零は切なげな声を上げながら、鷲塚の体躯に押さえ込まれている腰を揺らした。

「──はっ…ああ…ああっ……やめて…やめて──ああっ…いや……」

 全身が熱くてたまらなくなり、零はのしかかっている鷲塚の肩を押し戻そうとした。

 責め立てられる乳首の下で、心臓が飛び出しそうなほどドクドクと拍動している。

 全身が溶け出すような感覚に頭が朦朧となったが、真っ白な総身は淫らにくねっていた。

「──嫌なのか? ……ここはそうは言ってないぞ」

 情欲に染まった鋼の瞳が、零の嬌態を冷静に観察するように光る。

 鷲塚は指先でもう一度熱く潤った秘芯に触れると、今度はその根元までを奥底へと突き入れた。

 とろりと絡みつく花蜜が侵入を助け、さらに二本に増やされた指を淫猥に呑み込んでゆく。

「はあああっ……あううっ……許して──もう、ゆるして……」

 指が抜き差しされ、柔らかく蠢く内襞をまさぐるたびに、妖しく湿った蜜音が響いた。

 零は凄まじい羞恥と快楽にすすり泣きながら、必死で膝を閉ざそうとした。

「零──膝を立てて足を開け。おまえのいやらしく濡れたところを見せるんだ」

「いやっ! いや……許して──」

「だったら、またこっちを苛めるぞ」

 恥辱に震え、涙を溜めて首を振る零を見下ろし、鷲塚は残酷な微笑を浮かべながら、胸元の頂点に色づく果実を指先でねじり上げた。

「ひああっ!あっ、あうっ……やめっ──」

 赤い柘榴の粒のような果実に花蜜を塗り込め、それを味わうように唇をつけた鷲塚は、舌先で転がしながら、時に甘噛みをくわえる。

 背中をしなやかに大きく反らせた零は、その刺激の強さに耐えられなくなり、涙を溢れさせながら必死で許しを請うた。

「……もう…やめて──何でもするから……そこだけはいやあっ!」

 触れられるたびに流れる快美な痺れに狂わされたように、零は悲鳴を上げた。

「自分で足を開くんだ、零」

 もう一度淫らな命令を口にした鷲塚は、零がそろそろとわずかに足を開いたのを見下ろし、唇に苦笑を刻んだ。

「もっとしっかり開け──そう、それでいい」

 きつく両瞼を閉ざし、唇を噛みしめて顔を背けている零の口の端にキスを落とした鷲塚は、白絹のように滑らかな大腿に両手をかけると、さらに大きく割り開いた。

「やっ……! 見ないで──」

 己の秘密を反射的に隠そうとして、零は足を閉じようとしたが、興奮してつんと小さく勃ち上がった花芽を吸われた途端、小さな悲鳴を上げて震えを放った。

 男の証というにはあまりにも未熟なものを、鷲塚は唇でそっと含み、口の中で巧みに舌を這わせた。

 舌と歯を使って、薄皮の中から紅い宝珠を取り出し、きつく吸い上げる。

「あううっ…あ、ああっ……海琉──だめ…あっ、あああっ!」

 切羽詰まった声を上げた零は、鷲塚の頭部を押しのけようとしたが、その瞬間、突き抜けるような鋭い快感に襲われた。

 大きな波の中に放り出され、さらに続けざまに波に煽られる。

 快感の極みに達し、総身を震わせた零は、不意に重く突き入れられた衝撃に弓なりに仰け反っていた。

 快楽に堕ちた肉体は、歓喜の中で男の欲望を迎え入れ、その全てに絡みつこうとする。

 しなやかな足を肩に担ぎ上げ、快感に歪む零の美貌を見下ろしながら、鷲塚は官能を呼び覚ます律動を繰り返した。

 歓びと哀しみ、法悦と苦痛が入り混ざったような表情は、鷲塚の嗜虐心を増長させ、狂おしいほどの欲求を抱かせる。

 もっと艶やかに身悶えさせ、己を求めさせてみたいと思い、鷲塚は動きを止めた。

「……やあっ…海琉──」

 透明な雫を溜めた美しいセピアの瞳が、鮮やかな朱をおびて妖しく耀う。

 熱い吐息をもらす唇もまた色鮮やかに濡れ、そのあわいからこぼれ落ちる声は男を惑わすセイレーンよりもなお悩ましい。

 ぐっと己自身を突き刺したまま、鷲塚は上体を屈してその唇に口づけた。

「──今度は…何が嫌なんだ?」

 背筋を駆け上がる快感に、鷲塚の声もまた甘くかすれる。

「…あ…ああ……ちが…う……お願い…もっと──」

「もっと──何だ?」

 反り返った喉元に口づけながら、鷲塚の手は零の身体を探るように彷徨う。

 意地の悪い質問に苦しむように首を振った零は、自ら快感を求めるように腰をくねらせた。

「……あうぅ…あ、ああ……もっと……もっと、動いて──」

 その瞬間、脇の下を滑り降りた手が、くびれたウエストをつかみ、さらなる深みを貫くように引き寄せた。

 傷つけないように気を配りながらも、全ての官能を引きずり出そうとするように、鷲塚は激しく零を責め立てた。

 突かれるたびに零は声を上げる。

 鷲塚の肩に乗った足が、揺さぶられるままに揺れた。

 幾度か突きあげられた後、零は激しい絶頂に襲われ、総身を痙攣させた。

「くううっ! ああっ…あっ──海琉……ッ!」

 紅く濡れた唇の狭間から、真珠のように白い歯がのぞき、快感に喘ぎながら零は鷲塚の名前を呼ぶ。

 締めつけてくる内奥に欲望の奔流を放った鷲塚は、ゆっくりと己自身を引き抜くと、まだ十分に硬度を保つ楔で再び零の身体を穿った。

「ヒイッ! ひっ! ……んんっ…いっ……いやっ、もう…許してっ!」

 極みの余韻が去らない秘芯を刺激され、敏感になっている部分を擦り立てられた零は、声にならない悲鳴を上げながら、胎内に突き刺さる肉杭から逃れようと暴れた。

 だが、身体の中心を犯す楔は出てゆかず、次々と法悦の波が押し寄せてくる。

 鷲塚から迸った白濁と、零から溢れ出す蜜液が混ざり合い、結合した狭間から滴り落ちた。

 一瞬の死のような絶悦の繰り返しに、零はぐったりとしてセピアの瞳を閉ざした。

 もはやどのぐらい時間が経ったのかも判らない。

「──零、目を開けろ」

 欲情にかすれた鷲塚の官能的な低音が、どこか遠くから聞こえてくるような気がした。

 夢見心地のまま微睡んでいると、少し苛立ったような鷲塚の声が響いた。

「零、起きろ!」

 全身から力が抜け、微塵も身体を動かすことができず、零は目を閉じたままやっとの思いで首を横に振った。

 その途端、零は鷲塚と一つに繋がったまま抱き起こされ、乾いた唇にキスを落とされた。

「どうした──まだ夜明けにはほど遠いぞ」

 咎めるような言葉に、うっすらとセピアの瞳を見開いた零は、汗に濡れた男の秀麗な顔を見つめて小さく呟いた。

「……もう、だめ……眠くて……死んじゃう──」

「──零、誰が寝ていいと言った?」

「だって…眠いんだもの……もう、許して……」

 むずがるようにいやいやと首を振った零は、そのまま眠りに落ちるように鷲塚の肩口に顔を伏せた。

 呆れたようにため息をついた鷲塚は、零の身体をゆっくりと横たえてやり、柔らかな花弁から濡れた楔を引き抜いた。

「あ……」

 内部を満たしていたものが出ていく瞬間、零は柳眉を寄せ、切なげなため息をもらした。

 うつ伏せに寝かされると、汗に濡れた背中に甘やかなキスの雨が降ってくる。

 その優しく心地よい愛撫に陶酔しながら、零の意識はゆっくりと睡りの淵へと堕ちていった。